駒込共立クリニックのウェブサイトはリニューアルしました。

http://www.s-toseki.com/

スマートフォンにも対応して見やすくなりました。

こちらをクリックしてください。


医療法人財団 偕朋会 透析専門クリニック 駒込共立クリニック
看護師募集中! お問い合わせ 03-3941-9988
HOME 地図・交通 送迎バス 概要 透析事業本部

私たちのポリシー 院長のご挨拶 医療施設・診療科目 スタッフインタビュー スタッフ募集
HOME >スタッフインタビュー > 看護助手 横塚さん、香川さん、吉田さん、小島さん < 前のページへ戻る

スタッフインタビュー

環境整備は看護助手の重要な役割、各種委員会にも所属しています

−こんにちは。よろしくお願いします。

(横塚さん、香川さん、吉田さん)
こんにちは。よろしくお願いします。

−今日は看護助手さんにお話しをうかがいます。看護師さんから「私たちの仕事は看護助手さんがいてこそ」というお話しが何度も聞かれました。どのようなお仕事をなさっているのか教えてください。

(横塚さん)
各種備品を補充したり、透析治療が始まる前の準備、患者様の足浴の準備などがあります。
患者様のお手伝いということでは、入室・退室、移動で危なくないか見守ったり介助しています。
それから、衛生管理ということではお掃除も大切な仕事です。

−患者様のベッドまわりもきれいに整理整頓されていますよね。

(香川さん)
ベッドメイキングも私達の仕事です。少しでも気持ちよく治療を受けていただければと思います。

−看護助手さんのお仕事の流れというのは決まっているのですか。

(吉田さん)
勤務体制によって、透析室外の当番と、透析室内の当番に分かれて仕事を振り分けています。
クリニック全体の環境整備というのが、もっとも重要な看護助手の役割です。
お掃除も、汚れがないように力を入れて拭き掃除をします。

−看護師さんにお話しをうかがうと感染対策、衛生面には特に気を使っているのだそうですね。

(吉田さん)
それは感染対策委員会が取り組んでいますね。
私たち看護助手も感染対策委員会など、それぞれの委員会に所属しています。

−どのような委員会が所属していますか。

(横塚さん)
感染対策委員会、リスク委員会、災害対策委員会ですね。
それぞれに看護助手も入って、質問をしたり、意見を言ったりしています。
時には「こういう物品を作ってほしい」「こういうものを用意してほしい」という依頼ももらいます。

−クリニックの環境整備をする専門的なお仕事を担当されているのですね。横塚さんは何委員会ですか。

(横塚さん)
感染対策委員会で、看護助手の立場でみて提案しています。
たとえば、使い終わった爪切り、爪やすり、はさみ等を消毒するのは看護助手がやるのですが、その扱い方については感染委員会で提案します。

(吉田さん)
ゴミについても医療廃棄物になりますので、廃棄についても細かくみています。

−廃棄物については血もたくさん付いていると思いますが、具体的にはどのようなことを気を付けているのですか。

(香川さん)
「一動作一手袋」と言われてて、1度何かを触ったらもう捨てて、次に触る時には必ず新しい手袋で行うようにします。

−環境整備というのはきめ細かい作業の積み重ねなのですね!

看護助手 横塚さん、香川さん、吉田さん、小島さん

透析室を支えている専門家といえば、環境整備をしている看護助手さん。看護助手さんの横塚さん、香川さん、吉田さん(小島さんはお休み)にお話しをうかがいました。



HOME
患者様に安全に移動していただくことが大切です


医療法人財団 偕朋会 駒込共立クリニック
〒113-0021東京都文京区本駒込6-25-4中居ビル2-3階 TEL03-3941-9988

Copyright Komagome Kyoritsu Clinic.All Rights Reserved.