駒込共立クリニックのウェブサイトはリニューアルしました。

http://www.s-toseki.com/

スマートフォンにも対応して見やすくなりました。

こちらをクリックしてください。


医療法人財団 偕朋会 透析専門クリニック 駒込共立クリニック
看護師募集中! お問い合わせ 03-3941-9988
HOME 地図・交通 送迎バス 概要 透析事業本部

私たちのポリシー 院長のご挨拶 医療施設・診療科目 スタッフインタビュー スタッフ募集
HOME >スタッフインタビュー > 看護助手 横塚さん、香川さん、吉田さん、小島さん < 前のページへ戻る

スタッフインタビュー

みんなで声を掛け合って、1つになって仕事ができている

−看護助手さんのお仕事をしようと思った理由は何ですか。

(吉田さん)
以前に家族が名古屋で入院生活をしていたことがありました。
私も付き添いで行ったのですが、その病院で迎えていただいた看護師さんがすごく大事にしてくださいました。遠く離れた土地ですごく不安だったのですが、看護師さんのおかげで不安がなくなりました。
それで、医療のお仕事にすごくいいイメージがあって、私も医療施設でお仕事がしたいと考えていました。たまたま駒込共立クリニックでの看護助手のお仕事を見つけました。
私に出来るか不安でしたが、お世話になったことを他の患者様にお返ししできるかなと思って、思い切って働くことにしました。

−素敵なきっかけですね。看護助手のお仕事を実際に始めてみて、心がけていることは何ですか。

(吉田さん)
私たちは患者様がおみえになる前に玄関やロビー等の準備をしますので、毎日一番に患者様に会うことができます。
そこで挨拶をしたり、様子を見たり、会話をしたりしますが、朝一番の私たちの行動が患者様の印象にも大きな影響を与えると思います。ですから、朝の挨拶や行動については気を付けるようにしています。

−香川さんはいかがでしょうか。

(香川さん)
人に対して仕事をしているということです。
透析治療を受けている患者様であり、多くの方は人生の大先輩でもあるので、人として尊重することを大切にしているつもりです。

−横塚さん、この仕事をしていて良かったなと思うことは何ですか。

(横塚さん)
たぶん私は「何かをしてさしあげる」ということが好きだと思います。ですから、仕事がとても楽しいです。
そして、患者様に「今日お加減いかがですか?」等とお話しさせていただくことは、実は自分自身も癒されているなと感じることがあります。

−看護師さんとはどのような感じで仕事のやりとりをしていますか。

(横塚さん)
私たちも業務の流れは把握していますので、多くのことは自主的に判断して準備をしています。もちろん、看護師さんから「患者さんにタオルをお願いします」といった形でお願いされることもありますね。
看護師さんとも、とても良い感じでコミュニケーションがとれていると思います。

(吉田さん)
駒込共立クリニックはチームで透析医療を提供しています。
チーム医療というからには、チーム内の人間関係が良くなければ、チームにならないと思います。
駒込共立クリニックは、看護師さんに限らず、先生も、臨床工学技士さんも、事務さんなど、全てのスタッフの人間関係がいいと思いますね。お互い気持ち良く働けるというのは素晴らしいところかなと思います。

−香川さんも、チームで仕事をしていると感じることはありますか。

(香川さん)
そうですね。ありますね。
私たちだけがいても透析治療はできませんし、看護師さんだけでも円滑にまわっていかないと思います。
みんなで声を掛け合って、1つになって仕事ができていると思います。

看護助手 横塚さん、香川さん、吉田さん、小島さん

透析室を支えている専門家といえば、環境整備をしている看護助手さん。看護助手さんの横塚さん、香川さん、吉田さん(小島さんはお休み)にお話しをうかがいました。



HOME
駒込共立クリニックで仕事をしている時間がとても好き!


医療法人財団 偕朋会 駒込共立クリニック
〒113-0021東京都文京区本駒込6-25-4中居ビル2-3階 TEL03-3941-9988

Copyright Komagome Kyoritsu Clinic.All Rights Reserved.