駒込共立クリニックのウェブサイトはリニューアルしました。

http://www.s-toseki.com/

スマートフォンにも対応して見やすくなりました。

こちらをクリックしてください。


医療法人財団 偕朋会 透析専門クリニック 駒込共立クリニック
看護師募集中! お問い合わせ 03-3941-9988
HOME 地図・交通 送迎バス 概要 透析事業本部

私たちのポリシー 院長のご挨拶 医療施設・診療科目 スタッフインタビュー スタッフ募集
HOME >スタッフインタビュー > 臨床工学技士・森貴宏さん < 前のページへ戻る

スタッフインタビュー

臨床工学技士としてのしっかりした土台をつくりたい

−こんにちは。よろしくお願いします。

(森さん)
こんにちは。よろしくお願いします。

−臨床工学技士さんになって何年ですか。

(森さん)
4年目です。
大学を卒業して就職したのですが、1年前に駒込共立クリニックに転職して来ました。

−転職しようと思った理由は何ですか。

(森さん)
臨床工学技士として働き始めて、透析治療をもっと知りたい、もっと勉強したいと思うようになりました。
自分の中に臨床工学技士としてのしっかりした土台を作るためにも、もっと勉強できる環境に変えてみることにしました。

−勉強できる環境。

(森さん)
駒込共立クリニックの透析医療はレベルが高いと思いました。また、たくさんのことを教えてもらえる環境、教えてくれる人がいる職場で働きたかったです。

−実際に1年間働いてみて、期待したような環境でしたか。

(森さん)
そうですね。
偕行会グループには、さまざまな知識や経験を持った臨床工学技士の先輩がたくさんいます。
たくさんの人と出会って、話しをして、教えてもらえるのは、自分にとって良い環境ですね。
透析治療に関する知識だけでなく、仕事を効率的にすすめる方法など、たくさんのことを教えてくれます。
技士長が、とても人を大事にした仕事の進め方をしてくれる人なので、そういった部分もとても良い勉強になっています。

−人を大事にするというのは簡単なようで難しいように思います。素晴らしいですね。

(森さん)
大事にしてもらっていることを実感しています。
技士として足下にも及びませんし、自分にはまだまだ真似はできないですが、長くお付き合いをして、技術や経験を盗ませてもらおうと考えています。

−転職して良かったですか。

(森さん)
そうですね。でも、僕は技術も経験も不足しています。技士長のお手伝いができるようになりたいです。
そのためには、やはり「自分自身が頑張らなくていけない」というのを、駒込共立クリニックで学んだように思います。

臨床工学技士の森さん

駒込共立クリニックに転職して1年となる臨床工学技士の森貴宏さんに、この1年間をふりかえっていただきました。



HOME
優しい患者様のために、さらによい医療を提供したい


医療法人財団 偕朋会 駒込共立クリニック
〒113-0021東京都文京区本駒込6-25-4中居ビル2-3階 TEL03-3941-9988

Copyright Komagome Kyoritsu Clinic.All Rights Reserved.