駒込共立クリニックのウェブサイトはリニューアルしました。

http://www.s-toseki.com/

スマートフォンにも対応して見やすくなりました。

こちらをクリックしてください。


医療法人財団 偕朋会 透析専門クリニック 駒込共立クリニック
看護師募集中! お問い合わせ 03-3941-9988
HOME 地図・交通 送迎バス 概要 透析事業本部

私たちのポリシー 院長のご挨拶 医療施設・診療科目 スタッフインタビュー スタッフ募集
HOME >スタッフインタビュー > 看護師 福島ゆき子さん < 前のページへ戻る

スタッフインタビュー

こんなに働きやすい場所があるとは思ってもみなかった

−福島さんは、以前は何科で働いていたのですか。

(福島さん)
救急外来、検査をする放射線科、循環器科の集中治療室などです。
透析医療とは全く違う分野です。

−違う科のご経験もご自分の引き出しになっているのでしょうね。

(福島さん)
透析治療を受けている患者様は合併症があるので、定期的な検査をしますが、その検査結果をみる時には今までの経験が役立っています。

−透析医療に興味をもった理由は何ですか。

(福島さん)
集中治療室にいた時に、時々、透析治療をする患者様がおみえでした。それが透析治療のことを勉強したくなったのがきっかけです。
それで、透析治療を専門に行っている施設で働いて、基礎の勉強から始めたいと考えるようになりました。

−実際に透析施設で働いてみて、これまでと違う部分はありましたか。

(福島さん)
患者様とのお付き合いは違うと思います。
以前は短期間しか患者様と接することがありませんでした。
透析施設では、患者様と長いお付き合いをする環境で、患者様を良い方向に導いていかなければなりませんが、どうすればいいのかわかりませんでした。
先輩達を見ていて、少しずつ理解できたかな・・・と思っています。

−何が難しいですか。

(福島さん)
患者様を指導していくことですね。
先輩達を見ていて一番勉強になっていることで、勉強して指導する力を身に付けたら、看護の仕事がさらに奥深いものに感じられるようになると思っています。

−先輩看護師さん達の何が優れているのでしょうか。

(福島さん)
まずは知識があるというのが前提になっていると思いますが、患者様の気持ちを察しながら、お話を伝えていくのが本当にお上手ですね。声の掛け方、声を掛けるタイミングなどを盗んでいければと思っています。
学んでいくのは楽しいです。

−患者様の気持ちを察しながら・・・というのは難しそうです。

(福島さん)
はい。患者様の本当のお気持ちを無理に引っ張り出すということでなく、スタッフ間で「ゆっくり聞いて行こうか」という話し合いもしているので「なるほど!すごいな」と思います。
患者様の接し方が、一番興味があります。
今までの看護師経験ではやっていない看護なので、なかなか難しいなと思いながらも、興味を持って楽しく仕事ができていると思います。

−最後の質問です。転職して良かったですか。

(福島さん)
良かったです。すごく良かったです。

−即答ですね(笑)その理由は何でしょう。

(福島さん)
私、こんなに働きやすい場所があるとは思ってなかったので。
皆さんが優しくて、職場の雰囲気が良くて、そういう職場は本当にあるのだなと思いました。

−あるものなのですね(笑)今日はありがとうございました。

(福島さん)
ありがとうございました。

看護師 福島ゆき子さん

集中治療室に勤務していた際に透析医療に興味を持って転職された看護師の福島ゆき子さん。透析看護の魅力を感じることができた1年だったようです。



HOME


医療法人財団 偕朋会 駒込共立クリニック
〒113-0021東京都文京区本駒込6-25-4中居ビル2-3階 TEL03-3941-9988

Copyright Komagome Kyoritsu Clinic.All Rights Reserved.