駒込共立クリニックのウェブサイトはリニューアルしました。

http://www.s-toseki.com/

スマートフォンにも対応して見やすくなりました。

こちらをクリックしてください。


医療法人財団 偕朋会 透析専門クリニック 駒込共立クリニック
看護師募集中! お問い合わせ 03-3941-9988
HOME 地図・交通 送迎バス 概要 透析事業本部

私たちのポリシー 院長のご挨拶 医療施設・診療科目 スタッフインタビュー スタッフ募集
HOME >スタッフインタビュー > 看護師 榎本さん < 前のページへ戻る

スタッフインタビュー

一人の患者様を、チームで支える看護のスタイル

−透析医療での看護のお仕事で、とくに興味をもったことは何ですか。

(榎本さん)
フットケアですね。
駒込共立クリニックは力を入れていますが、病棟では行ったことがありませんでした。
糖尿病の方で足の炎症を起こしていたり、傷が治りにくくなっている患者様の足をしっかりとケアをしていくことで、足がキレイになっていきます。
看護師がしっかりと関わっていくことで、足がキレイになっていきます。興味深い仕事だと感じました。

−一生懸命にケアをするほどキレイになっていく。

(榎本さん)
はい。目に見えた効果があるのは嬉しいです。
看護師ができるケアで効果があり、しかも短期間で目に見える効果があることに驚きました。

−やりがいがありますね。

(榎本さん)
やりがいがあります。
フットケアをするために、さまざまな知識が必要です。「もっとフットケアについて勉強したい」という意欲が生まれてきている感じがします。

−駒込共立クリニックさんでのお仕事のスタイルに特徴はありますか。

(榎本さん)
そうですね。。。
以前よりも、一緒に働くスタッフと話す機会が多いですね。
病棟では申し送りで集合して話したら、後は担当患者様のお仕事をしているので、スタッフと話す機会が少なかったですね。
今は1日の中で「あれどう?」「これお願い。」といったコミュニケーションが常にあります。

−コミュニケーションのスタイルが随分と違うのですね。

(榎本さん)
まだ違いはあります。働いていた病棟では、一人の担当者が一人の患者様の情報を把握しているというのが基本でした。
駒込共立クリニックでは、一人の患者様の情報を多くのスタッフが収集しています。そして、その情報を全てのスタッフが共有しています。
患者様の情報をどんどん深く知ることができる環境は、私にとってはとても新鮮でした。

−一人の患者様を多くのスタッフさんがみている。

(榎本さん)
はい。一人の視点だけでなく、たくさんの視点で患者様をみています。
スタッフみんながチームで仕事をしている感じがあります。

−そういうことができるのは職場のコミュニケーションが良い証拠でしょうね。

(榎本さん)
すごく良いです。
働き始めたばかりということもあって、とくに報告がしやすいことを感じています。
長く一緒の職場だったので、年齢的にも経験的にも上になってきていましたが、今は新人として気を遣っていただいて、皆さんからサポートしていただいているのを感じます。
相談がしやすいですし、判らないことも聞きやすい職場であることが有り難いです。

看護師 榎本妃呂さん

駒込共立クリニックに転職して3ヶ月の看護師の榎本妃呂さん。病棟での看護とは異なる仕事スタイルである透析看護にやりがいを持ってお仕事をされているそうです。



HOME
転職して良かった!透析医療の看護師として一人前になりたい


医療法人財団 偕朋会 駒込共立クリニック
〒113-0021東京都文京区本駒込6-25-4中居ビル2-3階 TEL03-3941-9988

Copyright Komagome Kyoritsu Clinic.All Rights Reserved.